BLOG_NEWS

突き指について

2017年6月17日

こんにちは。
ななみ整骨院グループ院藤沢院の田中です。

 

今日は子どもの突き指についてお話します。
子どもに多い大きいケガで指の骨折があります。
ドッヂボール中~、バスケ中~、転倒して~と受傷機転は様々ですが
最初から骨折したと思わず「突き指」と思って放置していることが多くあります。

子どもの骨は大人の骨と違ってコラーゲン量が多く弾力があります。
そのため大人のようなポキッとした骨折はなく、
しなるような若木のような骨折の仕方をします。

突き指には3つの分類があり
Ⅰ型:指先の関節を伸ばす腱が断裂(骨折なし)
II型;腱損傷なし。骨折あり。指先の関節に大きくまたがるような骨折片ではありません。
Ⅲ型:関節部分では脱臼を生じています

ななみ整骨院では、鑑別診断を行いアルフェンス固定を行います。
骨端線離開に関しては放置していると成長障害につながります。

また成長線ではなく大人の突き指に関しては超音波治療を推奨しています。
ただの突き指と考えず早めの受診をお願いします!

 

6/27(火)は773DAY☆
・矯正無料 ・高周波体験 ・無料延長治療が選べます!

<みろくじ院HP>
新しく3店舗目のみろくじ院のHPが完成しました♪ ぜひチェックを!!!!!
http://mirokuji.773happy.com/
ブログも毎日更新しております☆ ぜひ見て下さい♪

<お知らせ>
施術スタッフ募集中!!!!!!
〈柔道整復師取得者〉
新卒!!中途!!どなたでも大歓迎!!
詳しくは採用担当者まで 0466-25-2322