超音波画像診断機(エコー)を採用する理由

ULTRASOUND

超音波画像診断機(エコー)とは

超音波画像診断機(以下、エコー診断機)とは、人体を傷つけることなく、『身体の内側』を3次元の画像で映し出しながら診察するための医療機器です。ななみ整骨院グループでは最新のエコー診断機を積極的に導入することで、可視化された画像データ(エビデンス)から精確な診断を行い、最適な施術をご提案することを心掛けています。

  • エコー診断機を積極的に導入する理由

    最大の理由は『患者さん自身に身体の状態を目で見て理解してもらう』ことです。難しい医学用語で話す長い説明は、患者さんにとって苦痛でしかありません。画像を通じて実際に自分のケガや痛みの原因を目で見た方が患者さんの理解度は高まり、不安の解消や安心にも繋がると考えます。

    また、医療機関ではレントゲンを撮影しますが、レントゲンでは骨折や脱臼の有無は確認できても、筋肉や靭帯、腱などのいわゆる『軟部組織損傷』の確認は難しいとされています。その点、エコー診断機は骨折や脱臼を含む軟部組織損傷の確認が得意です。

  • エコー診断機の特徴とメリット

    ・画像がきめ細かく且つ鮮明に映し出されます
    ・レントゲンでは映し難い小さな骨折や軟部組織損傷の確認ができます
    ・放射線を浴びる心配がないので、小さなお子様や妊婦の方でも安心して受けて頂けます
    ・施術時にリアルタイムで身体の状態確認ができます
    ・特殊な機能を使い、組織の炎症や腫れ具合なども確認ができます

  • エコー診断機の症例実績

    ・骨折(鎖骨、橈骨、橈骨頭、中手骨、手指骨、腓骨外果、舟状骨など)
    ・膝前十字靭帯、後十字靭帯損傷
    ・変形性膝関節症による炎症
    ・オスグット膝
    ・シンスプリント(脛骨骨膜炎)
    ・足関節捻挫による靭帯損傷
    ・野球肘、テニス肘診断
    ・腱鞘炎、バネ指
    ・ガングリオン
    ・アキレス腱断裂、アキレス腱炎

  • エコー診断機による診療の進め方

    エコー診断機も全てにおいて万能ではありません。ななみ整骨院グループではエコー診断機による可視化された画像データ・エビデンスを参考に診療を進めますが、場合によっては提携している整形外科や専門の医療機関と連携を取り、さらに必要な検査も提案致します。

    特に骨折や脱臼、日常生活が困難なほどの強い症状が確認された場合には、セカンドオピニオン・サードオピニオンを含め、必ず医療機関でも精査を受けることが重要になります。また、骨折後の経過観察や医療機関からの転院、あるいはリハビリの依頼などにも、積極的にエコー診断機を活用しています。