BLOG_NEWS

肘の痛み

2020年4月2日

こんにちはななみ整骨院グループ~本鵠沼院の柴田です

 

昨日から4月が始まり新たな環境で働かれるかたや

通学される方が多くいらっしゃったのではないでしょうか?

寒い冬を終え暖かい春の季節を皆さんでより楽しめるように

今月も痛みを早く改善していきましょう!

 

本日の症例報告は・・・

肘の痛みから訪れる、指のシビレです

 

50代男性、建築関係の方が肘を曲げた時や

重たい物を担ぎ上げた時に肘と同側の指の痺れを訴え来院されました

 

痺れで一番多い症状は頸椎ヘルニアや

胸や肩からの症状の胸郭出口症候群というものがありますが

検査を行ったところ症状は何もありませんでした。

また手首での手根管症候群という症状もなく

肘を曲げなければ何も症状が出ない状態でした

 

各肘に関連する筋肉を検査したところ

前腕を外に回す筋肉”回外筋”を運動させると症状が現れやすく

回外筋の中を通過する橈骨神経の一部が挟まってしまい

肘を曲げ圧迫することで親指の痺れが現れてしまっていました。

改善する方法として

筋肉を弛めることで改善する症状なので

ななみ整骨院では手技治療の他に

体の深部まで温熱療法が出来る超音波治療を行ないました

治療後は肘を曲げた時の痛みと痺れが改善しました。

 

今回の症状は筋肉の使い過ぎによる症状の為

普段からストレッチなどケアを行なえない方に多く現れます

放置をしていても、改善せずに悪化の道をたどりますので

少しでも怪しいと感じたり違和感がありましたら

お気軽にご相談、ご連絡してください。

 

 


コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

 

以上の対策を徹底し院のリスク管理を行なっておりますのでご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。