BLOG_NEWS

腱鞘炎 手の痛み

2020年4月6日

こんにちは!

ななみ整骨院の植田です。

 

外出自粛が続く現在ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか??

 

ななみ整骨院グループは通常通り診療を続けております。

自宅待機の方が多くなってきていますので、身体の不具合が出ている方が非常に多くなっております。

 

自宅でできる事を見つけながら身体を積極的に動かしていきましょう!!

 

来院して下さる患者様の中で今現在多い症状としては、「手の痛み」が多くなっております。

 

主婦の方に非常に多くみられます。

 

お子さんやご家族が自宅にいる時間も多くなっていると思います。

その分家事の負担が増え、手を使う頻度も多くなっていますよね。

 

やはり日常的な負担が腱鞘炎や手の痛みを誘発させる大きな原因となっています。

 

腱鞘炎もさまざまな症状がありますが、一番多い部位は「親指」です。

専門用語では「ドゲルバン病」ともいわれます。ここ最近では「スマホ病」ともいわれております。

出典:Google

上の図のように指を酷使してしまうと腱と腱鞘が摩擦を起こして炎症が誘発されます。

その繰り返しの外力により炎症が悪化し次第に痛みに繋がります。

 

下記のような症状が出ていたら要注意です!

・箸を持つことができない

・ペットボトルの蓋が開けられない

・ペンを持てない

・摘み動作ができない

・ドアノブを開けられない

・水道が捻れない

 

などが挙げられます。

普段出来ていた事ができなくなるのは非常に辛いものです。。。

 

当院では痛みを取ることはもちろんですが、その後の痛みの出ない体作りにも力を入れております。

 

手の痛みは手だけに原因があるわけではないのです。

 

首の位置、肩の位置、骨盤や背骨の位置も非常に大切になります。

身体をトータル的にみた施術を行い、痛みが出ないようにしていくことが大切です!

 

今現在、痛みがある方はなるべく早めに施術をスタートさせましょう!

 

 


ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

 

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

 

以上の対策を徹底し院のリスク管理を行なっておりますのでご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。