BLOG_NEWS

体操の効果とは・・・?

2020年4月20日

おはようございます!

藤沢市ななみ整骨院藤沢院の植田です☆

 

今朝もまた雨ですね。。。

 

昨日は20度を越える気温となりましたが、今日は10度程しか上がらず肌寒い1日になりそうです。

 

さて今月よりななみ整骨院では自宅でできる体操を動画配信しております。

 

様々な体操をご紹介しておりますが、体操を行うタイミングや効果などを知っておくとより身体にとってよい効果が得られます!

 

まず体操を行うタイミングですがいくつかあります。

まずは朝の体操です!

朝起きてすぐに健康体操を行うと、すっきりとした目覚めになります。朝は目が覚めてから3時間経たないと脳は完全に目覚めないと言われています。
起床後に身体を伸ばすことで血流が促され、寝ている間に内蔵に集まっていた血液が脳へと行き渡り、起床3時間後とほぼ同じ状態にしてくれる効果があります!

寝起きは身体も動かしにくいため、徐々に体を起こすように、ウォーミングアップから丁寧に行いましょう。激しい動きや長時間にわたる体操は避けるようにしてください。

 

次にお昼の体操です!

お昼から夕方にかけての時間帯はエネルギー代謝やホルモン分泌が多く運動をするのに適している時間帯です。今であれば自宅でのお仕事の休憩時間や家事の合間などに短時間続けることで健康促進効果が期待できます。
お昼の健康体操はうつ予防や精神を安定させる作用もありますので、1日自宅にいる日は自律神経が乱れやすいので効果的です!単純な動きの体操をすることで「セロトニン」という心のバランスを保つ物質が分泌されるので、心身ともに元気になれるタイミングです☆

 

夕方の体操!

夕方、16時~18時頃は脂肪燃焼がしやすい時間帯です!この時間帯は体温が高く、カロリーを消費しやすいタイミングです!!
運動量が減少している今の時期はオススメです☆

 

最後に夜の体操です!
人の身体は体内の温度が下がると眠くなるメカニズムになっています。ですが自分で体温を下げることはできないので、寝る前に運動をすることで一時的に体温を上昇させ、その体温が徐々に低下しはじめたときに眠れば寝付きが良くなるといわれています。就寝の2時間前に行うのが理想だと言われています
就寝前に激しい動きをしてしまうと交感神経を活性化させてしまい、逆に睡眠の妨げになってしまうのでオススメはしません。例えば寝る前に筋トレをするなど。

ストレッチを中心とした体をほぐすようなメニューの体操を行いましょう。自宅で過ごす日が多くなっているいまはうまく時間を使って身体を動かして下さい☆

配信している動画も簡単ものばかりですので是非お試し下さいね☆

 

 


ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

 

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限(1時間に5名)

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

 

以上の対策を徹底し院のリスク管理を行なっておりますのでご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。