BLOG_NEWS

肘の痛み(外側上顆炎)

2020年8月16日

こんにちは!

ななみ整骨院みろくじ院の播磨です。

 

今回の症例報告は、「外側上顆炎」になります。

皆さん、ご存知でしょうか?

スポーツ選手以外では主婦の方に多く症例が見られます。

 

外側上顆とは上腕骨にある肘の外側にある骨の事を言います。

この外側上顆の部分が炎症し痛みが出てくるのを「外側上顆炎」といいます。

 

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)| Dr.KAKUKOスポーツクリニック

 

炎症してしまう原因として、前腕伸筋群(肘から先)の筋が硬くなり伸張性が低下すると動きが悪くなるため、重いものを持ったり、力を入れることで外側上顆が牽引されストレスが増加して炎症が生じます。

 

日常生活では、ものを掴んで持ち上げたり、雑巾を絞るといった動作時に痛みが生じます。

炎症になるので、患部に熱を持ちます。

 

・手を使う力仕事

・パソコン作業

・過度な筋肉トレーニング

・スポーツを行った後のケア不足

・家事

・育児

 

など腕にかかる負担が大きくなることによって症状を引き起こします。

 

また、姿勢が悪く肩周りの筋緊張が強くなっており腕にうまく力をいれることが出来なくなってくると

過剰に力を入れる癖がつき、腕の筋肉の緊張が強くなってしまいます。

 

当院では、痛みを取る為に

炎症をまず取る為に、超音波という電気をかけ、

熱を取っていくために患部をアイシングします。

 

また、原因となっている筋肉の緊張を取るマッサージ治療とストレッチ治療、

姿勢のバランスを整える骨盤・背骨矯正を行います。

 

痛みをそのままにして更に負担をかけ続けてしまうと、

痛みの強さはもっと強くなってしまいます。

 

痛みをそのままにせず早めに治療しましょう。

 

参考資料:出典Google

 



ななみ整骨院みろくじ院は

9月より平日の診療時間を

 午前 9時00分~11時45分

  午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒