BLOG_NEWS

手首の痛み(TFCC損傷)

2020年9月3日

こんにちは!

ななみ整骨院みろくじ院の播磨です。

9月に入りましたがまだまだ暑い日は続いていますね。

急な雨も降ったり気温の変化には十分にお気をつけ下さい。

 

今回の症例報告は、「TFCC損傷」です。

TFCCとは、日本語で「三角線維軟骨複合体」と言います。

手首の小指側にあり複数のパーツで構成されています。

主なものは2つです。

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷 |【肩こり専門】板橋区の整体院「いのうえ整体 成増本院」

 

TFCC損傷???? | スポーツ整体院リラクトのニュース | まいぷれ[出雲]

1⃣ 三角線維軟骨

手根骨という複数の骨を支えるクッションの役割を行なっています。

2⃣ 橈尺靭帯

橈骨と尺骨を繋いでいます。

腕を回した時に2つの骨が離れ離れにならないように働いています。

 

このTFCCの部分が炎症し痛みが生じているものを「TFCC損傷」といいます。

 

症状として、

・ドアノブを回せない

・瓶の蓋を開けられない

・重い物を持つと痛む

など手首を尺屈(小指側に曲げる)した際にこのような症状が診られます。

 

なぜ炎症してしまうのか、2種類に分かれます。

1、外傷が要因 転倒・転落・交通事故などによる手首の捻挫によって損傷が原因。

2、変性が要因 仕事やスポーツによる長期に渡って手関節の使い過ぎや加齢変性などによって損傷が原因。

 

当院では、まず炎症している部位に超音波治療を行なっていきます。

そして要因になっている使い過ぎによって腕の筋肉も緊張してしまっているので、

手首にかかる負担を減らすためにマッサージ治療を行ないます。

日常での痛み、負担が大きい場合には、テーピングや包帯で固定を施ししばらく安静にします。

 

スポーツなど好きで取り組んでいることなのに痛みを伴いながら行なうのは、楽しくありません。

せっかく行うのであれば痛みなく思いっきり行えるようにしましょう!

 

身体のケアは常に必要です。

お身体のお悩み、セルフケアについてなんでもご相談下さい。

 

当院は「痛みは必ず取れる」をモットーに患者様一人一人の施術を行なっています。

何かありましたらいつでもご連絡お待ちしております。

 

 

参考資料:出典Google



ななみ整骨院みろくじ院は

9月より平日の診療時間を

 午前 9時00分~11時45分

  午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒