BLOG_NEWS

アキレス腱炎

2020年9月4日

こんにちは!!!

ななみ整骨院みろくじ院の小川です!

9月になりましたが天候が不安定で暑い日がまだまだ続きそうですね!

体調管理には十分お気を付けください。

 

今回の症例報告は「アキレス腱炎」です。

まずアキレス腱とは人体最大の腱であり、腓腹筋やヒラメ筋といった筋が重なりあって出来ています。

役割として。。。

腓腹筋やヒラメ筋の力を踵に伝える事でこれにより、歩行や跳躍などの運動、つま先立ちなどが可能になっています!!!

アキレス腱炎とは、ふくらはぎの筋肉とかかとの骨(踵骨=しょうこつ)を結ぶ太くて丈夫な腱であるアキレス腱に炎症を起こした状態の事を

言います。

一般にアキレス腱炎は剣道や陸上、ジャンプスポーツなど運動選手に多くみられ、走るときなどにふくらはぎの筋肉が足の裏を踏み返す動き

つまり地面を蹴ってつま先立ちになる動きに関係しています。

運動のやり過ぎ(オーバーワーク)や運動後のケア不足などで、ふくらはぎの筋肉が硬くなりアキレス腱に炎症が炎症が起こる事になります。

アキレス腱は多くの体重がかかる部位で、走ったり、ジャンプするなどの動作で体をわずかにねじる癖があったり、

骨盤が左右にブレたりすることでアキレス腱周囲が過度に引っ張られます。このような動作が繰り返されるとアキレス腱周囲に過剰な負担が生じ

炎症が引き起こされ、結果としてアキレス腱炎を発症します。

当院では炎症を抑える為に、特殊な電気、超音波治療とアイシングを行ないます。また、原因となっている筋を弛める為手技治療とストレッチを行ないます。

治療以外でも毎日の自宅でのケアや運動前のストレッチがとても重要となります。ふくらはぎのストレッチを重点的に行ないましょう。

 

 

 

 

 

 

参考資料:出典Google



 

ななみ整骨院みろくじ院は

9月より平日の診療時間を

 午前 9時00分~11時45分

  午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒