BLOG_NEWS

テニス肘

2020年10月20日

皆さんこんにちは!

ななみ整骨院みろくじ院の原です!

気温も下がり以前のように半袖では過ごせない日々になってきましたね。

特にスポーツをされる方はしっかりと身体を暖めて怪我の無いように過ごしてください。

本日の症例報告は「上腕骨外側上顆炎」になります。

テニス肘とも言われる事もあり、中年以降のテニスをされている方に多いとされています。

原因としては年齢と共に肘の腱痛んで起こります。

上腕骨外側上顆に付着している3つの筋肉が主な原因になります。

・長橈側手根伸筋(手関節を伸ばす筋肉)
・短橈側手根伸筋(手関節を伸ばす筋肉)
・総指伸筋(指関節を伸ばす筋肉)

主に短橈側手根伸筋が肘の外側で障害が生じると考えられます。

診断としては疼痛誘発テストを行います。

外側上顆炎には主に3つの検査法があります。

・トムゼンテスト
・チェアーテスト
・ミドルフィンガーテスト

いずれも肘の外側から前腕にかけての痛みが誘発されればテニス肘と診断します。

対策としては手首や指のこまめなストレッチを行います。

ストレッチの方法は

1 ストレッチする側の腕を真っ直ぐにします。

2 親指を下にして肘をしっかり伸ばします。

3 反対の手でストレッチ側の人差し指と中指を引っ張るようにします。

4 15秒~30秒間ストレッチを行います。

 

ストレッチは痛みに対しての予防にもなります。

スポーツをやる前や日頃行う事でより効果がでます。

ななみ整骨院では炎症が出ている場所に超音波治療をし炎症を抑える治療を行なっております。

もし肘に痛みがあり、心当たりがある方は是非お越しください。

引用:出典google



お知らせ1⃣

ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう

コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

以上の対策を徹底し院のリスク管理を行なっておりますのでご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。



お知らせ2⃣

ななみ整骨院では来年度の新卒者を募集しています!
ななみ整骨院がどんなところなのか、雰囲気をまずは実際に見学に来て下さい!

・海が好き

・サーフィンが好き

・湘南の良い雰囲気で仕事がしたい

・外傷が診たい

そんな方是非お待ちしています!
まずは一度ななみへお越し下さい!!