BLOG_NEWS

オスグッド 成長痛 ※エコー画像有り

2020年11月9日

こんにちは。

藤沢市ななみ整骨院藤沢院の植田です。

 

11月に入り、気温が日に日に下がっております。

風邪やインフルエンザ等には十分気をつけたいものですね。

 

当院ではここ最近は学生の来院が多くなっています。

その中で一番多い症状としては、「膝の痛み」(オスグッド)です。

スポーツの活動も活発になるこの時期。

 

子供でも十分なケアが大切です。

子供こそ、痛みに対して敏感にならないと、今後のスポーツ活動に大きな影響を及ぼします。

 

オスグッドの痛みも長いと1年以上かかることもあります。

成長期に多くみられる症状ですが、成長期は急激に身長が増加して骨も急成長を遂げます。

筋や腱などの軟部組織は同じようには成長しません。

結果的に硬い身体になってしまう時期です。

そのために生じる大腿四頭筋の柔軟性低下(モモ前の筋肉が硬い)、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による膝蓋骨(お皿の骨)を引っ張る力が脛骨粗面に加わります。

その引っ張る力が骨へ負担をかけ、炎症を起こしたり、骨の表面上を剥がすことがあります。

 

大きな原因としては「大腿四頭筋の柔軟性の低下」「オーバーワーク」です。

 

サッカー、陸上、バレーボール、バスケットなどダッシュやジャンプが比較的多い競技によくみられます。

当院でのエコー画像です。

右が健側、左が患側です。

大腿四頭筋が膝蓋骨を押しつけ、脛骨粗面が骨が炎症していることがわかります。

 

エコーでみると、痛みの度合いだけではなく、関節や筋肉の状態を可視化出来ることもメリットです。

 

治療法としては

・とにかく柔軟性を向上させること

・患部のアイシング

・痛みが引かない場合は、練習を休む

 

痛みをしっかりと除去しなければ、大人になった時に、過度に負担をかけると痛みが出ることもあります。

 

今の痛み、今後痛みが出ないようにするためにもしっかりと完治させることが大切です。

 

 



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

 午前 9時00分~11時45分

  午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒