BLOG_NEWS

手根管症候群

2020年12月12日

こんにちは!

ななみ整骨院みろくじ院の播磨です!

気温が下がり冬本番という感じになってきました。

手洗いうがいを忘れずに、またのどを乾燥させないようにお気を付けください。

 

今回の症例報告は「手根管症候群」です。

皆さんどの部位の症状かわかりますでしょうか?

手根管とは手首にある骨と手根靭帯に囲まれた空間のことであり、9本の指を曲げる腱と正中神経が通過します。

手根管症候群の原因について|相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

手根管症候群とは、手根管を通っている正中神経が何らかの原因によって圧迫され、親指から薬指の親指側にしびれや痛みが発生する症状の事をいいます。

正中神経は親指から薬指の親指側にかけての感覚や、親指の動きなどを作用する神経です。

しびれや痛みの症状がひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。
また細かいものがつまめなくなります。

手根管(しゅこんかん)症候群について|大分の頼れるお医者さん

40代以降に多く,女性と男性の比は1対2~1対5と言われ,女性に多い疾患です。

正中神経が圧迫される原因
・手首の繰り返し運動などにより手根管の中を通る腱を覆う膜などが炎症
・腕の筋肉の使い過ぎによって手根管の中を通る腱に負荷がかかり肥厚
・関節リウマチなどの炎症性疾患
・妊娠によるむくみや女性ホルモンの乱れ
・腫瘤
・長期間による人工透析

など様々考えられます。

症状の原因が、腕の筋肉の使い過ぎによって手根管の中の腱が肥厚している場合、腕の筋肉の硬さを取り除くと症状は落ち着いてきます。

当院では、腕の筋肉や肩まわりの筋肉の緊張を取っていくマッサージ治療とストレッチを行います。

手や指にしびれや痛みが生じた場合、お早めに医療機関に受診しましょう。
お身体の事で気になる事、不安などどんな事でもご相談ください。

 

引用:Google



お知らせ1

ななみ整骨院みろくじ院では、

男性スタッフ、女性スタッフ 共に常勤しております。

どなたでもご安心頂きご来院下さい。

 

お知らせ2

ななみ整骨院では来年度の新卒者を募集しています!
ななみ整骨院がどんなところなのか、雰囲気をまずは実際に見学に来て下さい!

・海が好き

・サーフィンが好き

・湘南の良い雰囲気で仕事がしたい

・外傷が診たい

そんな方是非お待ちしています!
まずは一度ななみへお越し下さい!

お知らせ3

<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。