BLOG_NEWS

四十肩五十肩

2021年2月13日

こんにちは!
藤沢市ななみ整骨院藤沢院の植田です。

2月もそろそろ折り返しです。
まだまだ寒い日が続きますので、体調管理には十分気を付けてお過ごしください。

ここ最近は手や肩の痛みでご来院される方が多くいらっしゃいます。

特に「四十肩五十肩」の症状が多いです。

四十肩五十肩は別名「肩関節周囲炎」と言われます。

急性期は炎症も伴いますので、安静が重要な時期もあります。
しかし、安静にすることが必要ではない期間もありますので、いつまでも安静にしていてよいわけではありません。
可動域が低下した関節はリハビリをして動かさなくていけません。

ではなぜ痛みが出現してしまうのか

まず痛みの原因としては「筋肉」と「関節」に大きく分けられます。
この二つに大きく関連するのが「肩こり」です。

肩こりとは首や背中、肩回りの筋肉が緊張し硬くなってしまうことを総称した呼び名です。

四十肩五十肩の痛みが出る方のほとんどは「肩こり」を感じているのです。

ですので、肩こりを普段から感じている方は要注意です。

痛みには2種類あります。
「筋緊張性疼痛」「筋委縮性疼痛」に分けられます。

①筋緊張性は過度な運動での緊張や、同じ姿勢を続けることで緊張が強くなること
②筋委縮性は身体を動かさないことで筋肉が萎縮して痛みがでること

四十肩五十肩の症状が出ている方はほとんど②の原因です。
こういった原因の方は「筋力強化」も視野にいれながら施術をしていくことが大切です。

では治すためにはどうしたらよいのでしょうか?

よくお聞きする
「痛みが取れたからいい」「これは元には戻らない」
というお言葉をお聞きすることがあります。

四十肩五十肩は痛みが取れればゴールではなく、可動域が正常に戻り、日常生活に支障がないところまで施術をしていくことが完治になります。
決して治らない症状ではありません。

硬くなってしまった筋肉を動かしていきますので、多少リハビリ中に痛みは伴いますが、どんなリハビリでも多少の痛みがあり、正常に戻るものです。

この寒い時期は筋肉が緊張しやすくこういった痛みが出やすいですので、全身を積極的に動かしていくようにしましょう!


お知らせ1

ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策を更に強化をして以下の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

☑︎来院時非接触型体温計での計温

☑︎来院時、退出時患者さんの指手消毒

☑︎受付に飛沫防止のアクリル板設置

 


お知らせ2

当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。

保険会社とのやりとりも当院のスタッフで丁寧に対応させていただきます。