BLOG_NEWS

足関節捻挫

2021年2月26日

皆さんこんにちは!

ななみ整骨院本鵠沼院の小川です。

最近はまた寒さが増しているように感じます。

室内は暖かく外は寒いこのような寒暖の差があると体調を崩される方も多くなります。
皆さんお身体には十分気を付けてください。

 

さて今回は「足首」の捻挫です。

何度かブログにも上げましたが、今回は小学校のサッカーをやっている男の子が来院されました。

駆け足の時にバランスを崩し足を捻り痛めたとの事で来院されました。
来院時は歩くのも痛みがあり足を庇っているのがすぐわかるほどでした。
捻挫の時はどこを痛めたかを見極める必要があり足首の靭帯も数が多くどこを痛めたかまず検査を行います。

一番わかりやすいのが腫脹・熱感・疼痛を見ます。

腫れが出ていないか出ている場所はどこかどの位腫れているかを細かく診ていきます。
今回の場合は捻挫でも特に痛めやすい前距腓靭帯という所に痛みがありました。
初めにも話したようにここで、注意することは骨折の有無です。

痛みが出ているところは一カ所ではなく,脛から足首を形作る骨の部分にも痛みがありました。
ただ捻じったというだけでなく体重がかかったことで骨がしなり折れてしまうこともあります。

ですが来院されてから6時間以上も経過してましたが腫れが大きく出ていたり
内出血が出ていたりと骨折特有の症状はありませんでした。
特有の症状が無くても骨折している時はある為
まずは経過観察を行い、疑いがあるようでしたら
当院が提携している整形外科もございますのですぐに結果がわかります。

今回の症状に対してななみ整骨院の治療法は
炎症を引かせるためにアイシングや超音波治療を行い
安静に保つ為にテーピング固定と包帯固定を行います。

捻挫はいつでもだれでも起こりやすいよく見かける症状ですが
放置してしまうと捻挫を繰り返しやすい状態になってしまったり
実は折れていましたなんてこともありますので
少しでも症状がある場合はお気軽にご来院ください!

 

転載:出典Google



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。