BLOG_NEWS

腱板損傷

2021年3月7日

こんにちは!

ななみ整骨院みろくじ院の原です。

徐々にですが、気温が上がってきて春の季節になろうとしていますが夜や早朝は寒いですよね。

春といえば野球の甲子園などが始まり、スポーツが盛んになります。

最近では、肩周りの怪我をされる方が増えています。

今回の症例は「腱板損傷」になります。

「腱板」とは、上腕骨と肩峰と呼ばれる骨の間に腱板が存在し肩関節を動かすのに重要な4つの筋肉で構成されています。

原因は日常動作での動きや年齢を重ねると筋力が低下しやすく、老化がみられるので中年以降に多いとされています。

また肩の使いすぎによって腱板が断裂しやすくなってしまいます。

腱板の断裂の仕方は完全に断裂するものと断裂しないものがあります。

断裂しないものに関しては野球をされる学生などに多いとされています。

四十肩五十肩(肩関節周囲炎)との違いは肩関節が拘縮する事は少なく、腕を上げた時に力が入りにくい事があります。

このままにしておくと肩を動かすときに痛みが出たり、夜寝ている時も痛みが肩に出る事があります。

ななみ整骨院では複合高周波という電気を使って治療を行っています。

複合高周波は筋肉の奥深くにある深層筋(インナーマッスル)にアプローチする事が出来ます。

肩関節の周りの深層筋が硬くなってしまうと肩関節の動きが悪くなり日常動作にも影響が出てくると思います。

複合高周波をかける事で深層筋を緩めて肩関節の動きが早く改善され、痛みも取れていきます。

もし、肩が気になる方や症状の事について何かありましたら当院で一度診させて下さい。

引用:Google



お知らせ1

ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策を更に強化をして以下の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

☑︎来院時非接触型体温計での計温

☑︎来院時、退出時患者さんの指手消毒

☑︎受付に飛沫防止のアクリル板設置

 


お知らせ2

当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。

保険会社とのやりとりも当院のスタッフで丁寧に対応させていただきます。