BLOG_NEWS

産後の状態

2021年4月16日

皆様こんにちは。

藤沢市ななみ整骨院本鵠沼院の小川です。

 

今回は産後のママに向けての内容になります。

 

産後ママの身体は満身創痍なんです!!

産後から6~8週間を「産褥期(さんじょくき)」と呼び、この間にママは産前の体に少しずつ戻っていきますが、

同時に多くの不調や産前には見られなかった症状が出てきたとおっしゃる方が多くみられます。

心当たりはありませんか?

 

●胎盤がはがれた面産後はストレスでいっぱい!家族がママにできること | Kajily (カジリー)から出血する悪露(おろ)

●子宮が元の大きさに戻ろうとする後陣痛
●胸が異常に張る(産褥乳腺炎)
●会陰や帝王切開の傷の痛み
●腰や股関節の痛み、腱鞘炎
●肩こり、頭痛
●便秘、痔、尿もれ
●貧血
●抜け毛(個人差があります)

 

 

赤ちゃんを産んですぐのママのお身体は、「大きな交通事故に遭ったのと同じくらいのダメージ」に

例えられることがあるのをご存知でしょうか?

 

それだけママは心身ともにボロボロの状態になっているのですが、それでも赤ちゃんのお世話はせざるを得ません。

産後、満身創痍の状態のママにとって、授乳にしても寝かしつけにしても、数キロある赤ちゃんを抱っこするのはかなりの重労働です。

そのほかにも、立ち座りの動作のときやお腹に力を入れたときにお産の傷(会陰切開や帝王切開)が痛む、

骨盤の歪みやゆるみから尿漏れや痔になるのも産後よくあること。

なお、産褥期に身体的な無理を重ねることで回復が遅くならないよう、

日本では昔から「床上げ3週間」と言われてきました。

 

つまり、赤ちゃんのお世話で必要な時以外は、産後3週間以内はできるだけ横になっていましょうということです。

 

それでも旦那様がお仕事でいない間や家庭の環境によっては家事、育児をしないわけにはいかない方も

いらっしゃるかと思います。

 

しかし、当人が身体を壊してしっまたら、お子さんのお世話は誰が見るのですか?

 

限られた時間の中でご自身のお身体もケアしなくてはいつか壊れてしまいます。

 

藤沢市ななみ整骨院本鵠沼院では一人ひとりに適した最善の施術をご提案いたします。

 

現在悩まれている方、この先不安を抱いている方、是非お気軽にご相談ください。

参照:google



お知らせ1

ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策を更に強化をして以下の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

☑︎来院時非接触型体温計での計温

☑︎来院時、退出時患者さんの指手消毒

☑︎受付に飛沫防止のアクリル板設置



お知らせ2

当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。

保険会社とのやりとりも当院のスタッフで丁寧に対応させていただきます。