BLOG_NEWS

膝の痛み 膝の内側の痛み 鵞足炎

2021年6月17日

こんにちは!

ななみ整骨院みろくじ院の植田です。

 

今年の梅雨も始まりました。

例年では大雨や洪水などで全国各地に被害がありますが、今年は1つでも減ると良いですね。。。

 

さて本日は

「膝の痛み」

についてです。

一度は感じたことがある方も多いのではないでしょうか??

 

膝の内側が痛い!鵞足炎かも!?【すこやか整骨院(大阪市城東区)】

 

赤丸の部分に痛みを感じる方が多く来院されます。

 

「鵞足(がそく)炎」

と呼ばれる症状です。

この症状は、関節付近の痛みが生じますが、関節の痛みではないことが特徴です。

 

膝は関節痛が多くみられますが、鵞足炎は

 

「筋肉の付着部」

 

による痛みなのです。

 

鵞足炎 | 江原鍼灸整骨院.

 

・半腱様筋

・薄筋

・縫工筋

 

という3つの筋肉が脛骨の内側に付着し、そこに過度な負荷がかかると筋肉の牽引力でこの部位にある滑液包に炎症が生じる状態が鵞足炎です。

 

大きな原因としては

膝の屈曲や股関節の内転動作によって滑液包に負担が繰り返しかかり痛みが生じます。

アスリートをはじめとしたスポーツ選手に生じやすく、いきなり過度な運動をしてしまったり、スポーツをしていなくても打撲などをきっかけに発症することもあります。

 

この痛みは炎症による痛みですので、まずは安静にすることが重要です。

 

痛みが完治するまで施術をすることが重要です。

 

当院での施術は

まずは手技療法で患部の筋緊張緩和と柔軟性を高めていくストレッチをしていきます。

この症状の特徴として、両側ではなく、左右どちらかに痛みが出ることが多くあります。

そのことから

「体のバランス」

も影響すると考えて、当院で行っている骨盤背骨矯正を受けていただきます。

 

身体のバランスが悪く、使い方がどちらかに寄っていると負担のかかり方が偏ってしまう事、歪みで筋肉にかかる負担も大きくなりより患部に負荷をかけてしまうことに繋がります。

また炎症している部分には「超音波」を用いて炎症を取り除くようにします。

 

このような施術を数回受けていただくことで、患部の痛みは緩和し、完治します。

 

炎症をいち早く抑えるためには

「安静」

が一番のポイントとなるので、痛みが出た時には運動や競技の練習を中止し施術に専念することが重要です。

 

心当たりのある方や、すでに痛みが出ている方は当院へご来院下さい!

 

 

転載:引用Google


ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒