BLOG_NEWS

野球肘

2021年6月18日

皆様、こんにちは!!

ななみ整骨院本鵠沼院の竹谷です。

6月も中旬になり、気温が上がり雨が増えてきましたね。

寒暖差が激しくなると体調不良や身体の不調が多くなりますので、より身体にお気を付けてお過ごしください!

今回の症例報告は「野球肘」です。

野球肘①〜痛みを感じたときの対処法〜 | ベースボール&スポーツクリニック ブログ

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。

投球時や投球後に肘が痛くなります。

肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

 

原因と病態

繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因です。

肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。

また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨がいたみます。肘の後方でも骨・軟骨がいたみます。

野球肘の原因と病態

診断

野球をしていて、肘内側や外側が押すと痛む場合や肘の伸ばしずらさなどの症状があれば、野球肘が疑われます。

当院では、徒手検査や超音波検査で診察を行ないます。

骨折等疑う場合は、連携先である池上整形外科または患者様ご希望の整形外科にご紹介させていただきま

す。

予防と治療

投球の中止や制限が重要で、肘の安静が大切です。

当院では、治癒促進ができる電気治療や超音波治療だけでなく、野球肘になるリスクが大きい肘下がりの投球フォ

の改善やストレッチ、筋肉トレーニングなどのご指導、根本的な要因である姿勢に対してのアプローチも行い

ます。

痛みを我慢して投球を続けていると障害が悪化して、症状によっては手術が必要になることもあります。

 

ななみ整骨院本鵠沼ではスポーツ外傷や運動療法、アスレチックトレーナーの資格を持つ先生からの指導、フォー

ムの改善、プロのアスリートなどこれまで培った経験を活かし学生さんだけでなく幅広い年齢の方に対応すること

ができますので、悩みがあるけど誰に相談していいかわからない、また運動をされているお子さんの様子がどうも

いつもと違うなど小さなことでもお気軽にご相談ください。

参照:google



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

 

当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。

保険会社とのやりとりも当院のスタッフで丁寧に対応させていただきます。