BLOG_NEWS

頚部筋緊張性頭痛

2021年6月28日

皆様、こんにちは!

ななみ整骨院本鵠沼院の早川です。

今年も梅雨入りし、雨の日が多くなってきましたね。

もうすぐで7月に入り、暑い日も出てくると思いますので熱中症にもお気を付けてお過ごしください!

さて今回の症例報告は「筋緊張性頭痛」です。

 

筋緊張性頭痛とは?

筋緊張性頭痛は、頭から首や肩にかけての筋肉が緊張して血管を圧迫し血流が悪くなり、疲労物質が筋肉にたまって、神経を刺激することで起こる頭痛です。

日本人にはもっとも起こりやすいタイプの頭痛といえます。

そしてその原因は、体のストレスと精神的ストレスによる「筋肉の緊張」。ストレスで交感神経が優位になりすぎておこる筋肉の緊張が主な原因です。

 

①身体のストレス

不自然な姿勢が筋肉に負担となり、体のストレスとなって、症状があらわれます。

たとえば一日中パソコンに向かって仕事をしている人に多く見られます。

パソコンの時の姿勢は、上半身を前かがみにして指先を浮かして作業する姿勢。

ましてやその姿勢を長時間続けると、首・肩・背中の筋肉がかたくなって疲労物質がたまってしまい、やがて筋緊張性頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

②精神的ストレス

人間関係、仕事のプレッシャー、緊張、不安、などの精神的ストレスは、交感神経を刺激してしまいます。

ストレスを受ける

交感神経が刺激される

全身の筋肉が緊張する

この状態は脳にとって負担となる

痛みを調整する機能がはたらかなくなる

緊張性頭痛が出やすくなる。

 

当院では筋緊張を取り除く、マッサージ治療や低周波治療を行い、姿勢を維持する深層の筋肉の緊張を取り除く特殊な電気「複合高周波」をかけることにより、頭痛の原因となる深層筋の筋緊張を直接アプローチし症状をより早く取り除きます。

 

※参考資料:出典Google



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒



当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。

保険会社とのやりとりも当院のスタッフで丁寧に対応させていただきます。