BLOG_NEWS

肩関節周囲炎

2021年7月2日

皆様、こんにちは!

ななみ整骨院本鵠沼院の早川です。

7月に入りましたが、まだまだ雨の日が多くなってきていますね、、

湿度が高くなり、水分が抜けやすくなり脱水症状になりやすくなっております。

水分をよく摂取し、脱水症状にならないようにしてくださいね!

今回の症例報告は「肩関節周囲炎」です。

 

 

                 肩関節周囲炎 に対する画像結果

 

 

 

肩関節周囲炎とは??

中年以降、特に50歳代に多くみられます。

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩とも言う)。

 

症状は??

  • 時期によって症状が異なります。
    • 炎症期:徐々に痛みが強くなる
    • 拘縮期:発症からしばらくたち、痛みはなくなってくるが、肩が硬くなり動かすことができなくなる
    • 回復期:徐々に肩が動くようになってくる
  • 肩の痛み、動かしにくさ
    • 通常は片側だけに痛みを生じる
    • 痛みはある日突然、明らかなきっかけもなく生じることが多い
    • 最初の数日から数週間は動かさなくても痛い場合もある
    • 典型的には腕を挙げる途中には痛みがなく、「これ以上は挙がらない」という動きの最後で痛みが起こる
  • 二の腕や手先の痛みや痺れ

 

 

当院では筋肉(アウターマッスル)の緊張を取り除くマッサージ治療・電気治療を行い、深層の筋肉(インナーマッスル)の緊張を取り除く高周波電気治療を行い症状を改善していきます。

 

少しでも肩が痛い・肩が上がりにくいなどの症状が御座いましたら、お早目に当院へご来院ください!

 

 

※参考資料:出典Google



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒



当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。

保険会社とのやりとりも当院のスタッフで丁寧に対応させていただきます。