BLOG_NEWS

上腕二頭筋長頭腱炎

2021年7月5日

皆様こんにちは!

ななみ整骨院本鵠沼院の竹谷です!

7月に入り梅雨真っただ中で湿度が高く不快な日が続いています。

梅雨時期の脱水症状も多いのでしっかりと水分補給をし皆様で梅雨を乗り越えましょう!!

今回の症例報告は「上腕二頭筋長頭腱炎」です。

 

『上腕二頭筋長頭腱とは』

上腕二頭筋長頭は上腕骨(腕の骨)の結節間溝と横上腕靭帯からなるトンネルを通ります。
野球の投球動作、テニスのサーブ、バレーのアタックなどオーバーハンドスポーツをされるアスリート、
トレーニングのお好きな方、重労働をされる方、四十肩、五十肩に併発して発生します。
上腕二頭筋は腕を上げたり肘を曲げたりするときにつかいます。
その際にかかる、腱とトンネルでの摩擦により、炎症を引き起こします。
そのため、腕を上げようとしたり荷物を持ち上げようと力を入れた際に痛みが出たりします。
病態が進行すると、慢性化したり腱の断裂を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

『発症機転』

  • 転んで手をつく
  • 肩を激しくぶつけた
  • 車の運転席から後部座席の荷物をとる為に手を伸ばした際に肩を過伸展してしまった
  • 重量物の上げ下ろしの繰り返し

このようなきっかけが代表的です。

『症状』

  • 痛みにより手を挙げにくくなるが、あがらないわけではない
  • 肩前方部の痛みがある
  • 腕を背中にまわした時に痛みが出現する
  • 腕を反対の肩にまわそうとして反対の肩にふれようとする際の痛み

 

『治療』
早期回復には超音波や電気治療といった物理療法を行い、炎症を抑え組織の回復をはかることが可能です。
また、手技療法やストレッチを行い上腕二頭筋をはじめ肩周りの筋肉を緩め、患部にかかるストレスを減らすこと
も大切です。
当院では、上記治療方法のみならず根本的な姿勢に対してのアプローチも行います。

 

ななみ整骨院本鵠沼ではスポーツ外傷や運動療法、アスレチックトレーナーの資格を持つ先生からの指導、フォー

ムの改善、プロのアスリートなどこれまで培った経験を活かし学生さんだけでなく幅広い年齢の方に対応すること

ができますので、悩みがあるけど誰に相談していいかわからない、また運動をされているお子さんの様子がどうも

いつもと違うなど小さなことでもお気軽にご相談ください。

参照:google



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

 

当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。