BLOG_NEWS

手くびの痛み TFCC損傷

2021年11月9日

皆様おはようございます!

藤沢市にあるななみ整骨院藤沢院の竹谷です。

今回は手首の痛みについて報告致します!

手くびの痛み TFCC損傷って何?

手くびの小指側が痛む(尺側部痛といいます)病気・ケガはたくさんあります。

なかでも多いのがTFCC損傷です。

ここではTFCCの構造・役割、症状、治療などについて説明いたします。

 

TFCCって?

TFCCは、日本語で「三角線維軟骨複合体」と言います。

何やら複雑な名前ですね。

手くびの小指側にあります。

複数のパーツで構成されていますが、主なものは2つです。

三角線維軟骨

 

 

浅い部分にある「三角線維軟骨」はハンモックのような構造をしており、TFCCの先にある手根骨という複数の骨を支えるクッションの役割を持っています。

橈尺(とうしゃく)靭帯

 

深い部分にあるのが「橈尺(とうしゃく)靭帯」で、橈骨と尺骨をつなぐヒモです。

馬車と馬をつなぐ手綱のような役割を持っており、腕を回した時に2つの骨が離れ離れにならないよう働きます。

手の位置によって、緊張したり、ゆるんだりします。

なぜTFCCはいたむの?

転倒して手をついてのケガが多いです。写真

しかし、明らかなケガがなくても痛むことがあります。

無症状の人に手くびのMRIを撮影したところ、35歳以下でも50%の人にTFCCの変化を認めたとする報告があります

そのため、ちょっとしたきっかけで痛みが出ることもあるのです。

症状は?

手くびの小指側が痛みます。

ハンモックが破れると、手くびを小指側に倒す動作(重いものを持ち上げる、パソコン操作など)で痛みが出ます。

手綱が切れると、腕を回す動作(ドアノブを回すなど)で手くびが不安定になり、痛みが出ます。

当院での治療

当院では、

・安静固定

・硬くなってしまった筋肉を緩める手技治療

局所の炎症を取り除く超音波治療

・ストレッチ

身体のバランスを整える骨格矯正

等を行います。

 



ななみ整骨院ではスポーツ外傷や運動療法、アスレティックトレーナーの資格を持つ先生からの指導、フォー

ムの改善、プロのアスリートなどこれまで培った経験を活かし学生さんだけでなく幅広い年齢の方に対応すること

ができますので、悩みがあるけど誰に相談していいかわからない、また運動をされているお子さんの様子がどうも

いつもと違うなど小さなことでもお気軽にご相談ください。

参照:google



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒



当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。



ななみ整骨院グループは新年度新卒者を募集しています。

★藤沢院・本鵠沼院・弥勒寺院で働きたい方。

・サーフィンが好き。

・湘南地域で働きたい。

・治療技術が学びたい。

・スポーツ外傷が診たい。

★中央林間院で働きたい方。

・産後の骨盤矯正がやりたい。

・子ども対応が得意。

・一人ひとりの患者さんとしっかり向き合いたい

随時見学を受け付けています。是非一度院の雰囲気を見に来てください。

URL:http://www.773happy.com

ななみ整骨院