BLOG_NEWS

事故の時どうすれば・・・弁護士特約の利点

2021年11月12日

交通事故に遭った場合に言われるのが過失割合です。

ソース画像を表示

事故は、加害者の責任と被害者の責任を比べて責任の有無を決めます。

実際に怪我をしたけど自分の行動にも問題があるのでは?といったところでしょうか・・・

 

実際の事故は、現場の状況や行動をみて判断されます。

例えば横断歩道があるのに減速せず横断中の通行人に怪我を負わせた場合は、運転者の過失割合が高くなります。

※過失割合:事故が起こった原因としての割合

この場合、自動車や自転車は横断歩道前に減速して、歩行者を安全に横断させる義務があります。

横断歩道付近に人がいた場合は、速度を緩める決まりですが、それを怠ったことで事故が起きたと考えられます。

過失割合としては、運転者が10割になることもあります。

 

逆を言えば、横断歩道がすぐ近くにあるのに何も標識がないところで無理やり横断して事故につながると、歩行者にも過失割合がつく可能性があります。

 

この様に事故の状況で、過失割合が大きく変わってきます。

 

では、この割合で治療を受けられないとなると怪我を負った人の負担が大きくなります。

ここで弁護士特約の一つ目の利点です。

 

弁護士を介して怪我の状況や、度合い事故状況で専門的な知識が必要になる内容をプロが変わって交渉してくれます。

数多くの事故を担当している弁護士さんに相談することで安心して治療を受けることができます。

 

保険に加入している方は、弁護士特約が付いている事がありますので、疑問に思う点は相談をしてみてください。

 

画像引用:Google



お知らせ1

ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策を更に強化をして以下の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

☑︎来院時非接触型体温計での計温

☑︎来院時、退出時患者さんの指手消毒

☑︎受付に飛沫防止のアクリル板設置

 

お知らせ2

ななみ整骨院グループは新年度新卒者を募集しています。

★藤沢院・本鵠沼院・弥勒寺院で働きたい方。

・サーフィンが好き。

・湘南地域で働きたい。

・治療技術が学びたい。

・スポーツ外傷が診たい。

★中央林間院で働きたい方。

・産後の骨盤矯正がやりたい。

・子ども対応が得意。

・一人ひとりの患者さんとしっかり向き合いたい

随時見学を受け付けています。是非一度院の雰囲気を見に来てください。

URL:http://www.773happy.com

ななみ整骨院

tel:0466-25-2322

採用担当まで

<お知らせ2>------------------------

ななみ整骨院は現在YOUTUBEにて

ストレッチ動画を配信しております。

ぜひご覧ください!