BLOG_NEWS

低温やけど

2021年11月20日

こんにちは。
ななみ整骨院藤沢院の渡邉です。

11月も中盤になり、今週あたりから本格的に冷えてくるようです。
「カイロを貼っている」「こたつを出した」という声もちらほら聞こえてきます。

冷えて硬くなってしまった筋肉や関節を温めると血行が促進され、楽になりますがカイロや電気アンカなどの定番アイテムも使い方を誤ると非常に危険です。。

みなさん、一度は“低温やけど”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

低温やけどとは、体温より少し高めの温度(40〜50℃)に長時間触れ続けることで起こる火傷です。
火や熱湯などの高温なものに触れて負う火傷とは違い、低温やけどは見た目にではわかりにくく痛みを感じにくいため軽症と勘違いされやすいです。
また低温やけどは皮膚の奥深くから進行してしまうのが大きな特徴です。
時間をかけてじっくりと深部から火傷をしていくので、皮下組織が壊死してしまい重症化のリスクが高まります。

低温やけどのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや低温やけどのイラスト素材 [61286184] - PIXTA実は怖い低温やけど|荒川区町屋の皮膚科 町屋皮フ科クリニック

注意していただきたいのは、
・皮膚の薄い高齢者
・寝返りの出来ない方
・糖尿病で感覚の鈍くなっている方
・泥酔している方
これらの特徴のある方は、自身で温度管理が難しいので気をつけてください。

もし、低温やけどを負ってしまった場合は、
・水道水で冷やす
・水疱は破かない
を守り、必ず医師の診察を受けましょう。

 


ななみ整骨院ではスポーツ外傷や運動療法、アスレティックトレーナーの資格を持つ先生からの指導、フォームの改善、プロのアスリートなどこれまで培った経験を活かし学生さんだけでなく幅広い年齢の方に対応すること

ができますので、悩みがあるけど誰に相談していいかわからない、また運動をされているお子さんの様子がどうもいつもと違うなど小さなことでもお気軽にご相談ください。

参照:google



<診療時間変更のお知らせ>

9月より平日の診療時間を

午前 9時00分~11時45分

午後 15時00分~19時45分

に変更致します。

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。



ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策として下記の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒



当院では、交通事故によるお体の怪我の治療を自賠責保険や任意保険を利用して通院することが可能です。

これらの保険を適応して治療を受ける場合、患者様の負担(治療費)はございません。

窓口負担金「¥0」で施術を受けることが可能です。



ななみ整骨院グループは新年度新卒者を募集しています。

★藤沢院・本鵠沼院・弥勒寺院で働きたい方。

・サーフィンが好き。

・湘南地域で働きたい。

・治療技術が学びたい。

・スポーツ外傷が診たい。

★中央林間院で働きたい方。

・産後の骨盤矯正がやりたい。

・子ども対応が得意。

・一人ひとりの患者さんとしっかり向き合いたい

随時見学を受け付けています。是非一度院の雰囲気を見に来てください。

URL:http://www.773happy.com

ななみ整骨院