BLOG_NEWS

肘内障

2021年12月3日

皆さんこんにちは。

藤沢市ななみ整骨院本鵠沼の柔道整復師富です。

 

肘内障という言葉を聞いたことはありますか?

肘内障

中々聞くことがないと思います。

幼稚園や保育園の先生は知っていることがあるかもしれません。

幼少期の脱臼の一つです。

脱臼のイメージはどのようなものでしょうか?

ソース画像を表示

この様に関節が逸脱したものを脱臼と呼ぶのですが肘内障に何しては、骨の逸脱というより輪状靭帯という靭帯が骨から抜ける状態の事を言います。

ソース画像を表示

分かりやすい絵があったので引っ張ってきました。

橈骨という骨の形状が幼少期にはまだ未発達で骨を抑えるための靭帯が普段の位置よりずれている状態です。

 

幼少期の子供が、危険な行動をとる時に親としては咄嗟に手を引く動きがあると思います。

手を引く時に肘の関節が伸び切っているとこの靭帯が抜ける状態になります。

これを「肘内障」と呼んでいます。

 

この脱臼は繰り返しやすく、骨の形状が正しく形成される小学校ぐらいまでは、気を付けるべき対象です。

何度も繰り返すと寝返りをうつだけでも抜けてしまったなど注意が必要になります。

 

もちろん治らないわけではありません。

逸脱した靭帯を整復し正しい位置に戻すと痛みも引きます。

 

咄嗟な時もありますがお子さんの肘が伸び切っている時には手を引くのを気を付けてください。

当院でも肘内障の患者様がいらっしゃてます。

 

是非ご相談ください。

 

画像引用:Google



お知らせ1

ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策を更に強化をして以下の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

☑︎来院時非接触型体温計での計温

☑︎来院時、退出時患者さんの指手消毒

☑︎受付に飛沫防止のアクリル板設置

 

お知らせ2

ななみ整骨院グループは新年度新卒者を募集しています。

★藤沢院・本鵠沼院・弥勒寺院で働きたい方。

・サーフィンが好き。

・湘南地域で働きたい。

・治療技術が学びたい。

・スポーツ外傷が診たい。

★中央林間院で働きたい方。

・産後の骨盤矯正がやりたい。

・子ども対応が得意。

・一人ひとりの患者さんとしっかり向き合いたい

随時見学を受け付けています。是非一度院の雰囲気を見に来てください。

URL:http://www.773happy.com

ななみ整骨院

tel:0466-25-2322

採用担当まで

<お知らせ2>------------------------

ななみ整骨院は現在YOUTUBEにて

ストレッチ動画を配信しております。

ぜひご覧ください!