BLOG_NEWS

テニス肘

2022年1月20日

皆さんテニスをしたことはありますか!?

ソース画像を表示

怪我などの中には、相称で呼ばれるものがあります。

野球肩や四十肩、五十肩、テニス肘、野球肘などです。

 

あくまでその年齢や運動の中でいたみが出やすいという事で名前を付けられています。

 

今回ご来院下さった方は、テニス経験などはなく、テニス肘になりました。

 

そもそもテニス肘とは、何でしょうか!?

肘の痛みの中でテニス競技でよく痛める部位で肘の外側上顆に痛みが出るものの事を言います。

ソース画像を表示

正式名称は、外側上顆炎といい、肘の親指側に付着する筋肉が硬くなることで付け根を引っ張り摩擦から炎症を起こしている状態です。

 

原因は、使いすぎ(オーバーユース)が多く、テニスでいうところのバックハンドが原因となります。

もちろんテニスだけが外側上顆炎になるわけではありません。

 

産後の育児で子供の頭を支える時なども使いすぎで痛みが出たという話も多いようです。

 

では今回ご来院下さった方の原因はというと、トレーニングです!!

私自身意外と落とし穴だと思いました。

トレーニング器具は、道具を使い身体を強くするイメージで正しいフォームで正しい回数を行えば、痛めるようなことはありません。

 

ただ鍛えたい部位がある場合はついつい頑張って繰り返しトレーニングをしてしまいますよね・・・

この結果使いすぎとなり筋肉の付着部が炎症して痛みになります。

 

実際に痛みが出た場合は、炎症している部位をアイシングして、腫れを早く引かせることが大切です。

何度も使う部位なので毎日のストレッチでケアをしてください!!

 

ストレッチなどをお聞きしたい方は当院へお問い合わせください。

 

画像引用:Google



お知らせ1

ななみ整骨院グループでは患者さまに安心してご来院して頂けるよう
コロナウイルス対策を更に強化をして以下の取り組みを実施しています。

☑︎ 全ての施術ベットをアルコール消毒

☑︎ スタッフのアルコール消毒の徹底

☑︎ 30分毎の院内換気

☑︎ 全スタッフのマスク着用

☑︎ 予約管理による院内人数制限

☑︎ 1時間毎の院内アルコール消毒

☑︎来院時非接触型体温計での計温

☑︎来院時、退出時患者さんの指手消毒

☑︎受付に飛沫防止のアクリル板設置

 

お知らせ2

ななみ整骨院グループは新年度新卒者を募集しています。

★藤沢院・本鵠沼院・弥勒寺院で働きたい方。

・サーフィンが好き。

・湘南地域で働きたい。

・治療技術が学びたい。

・スポーツ外傷が診たい。

★中央林間院で働きたい方。

・産後の骨盤矯正がやりたい。

・子ども対応が得意。

・一人ひとりの患者さんとしっかり向き合いたい

随時見学を受け付けています。是非一度院の雰囲気を見に来てください。

URL:http://www.773happy.com

ななみ整骨院

tel:0466-25-2322

採用担当まで

<お知らせ2>------------------------

ななみ整骨院は現在YOUTUBEにて

ストレッチ動画を配信しております。

ぜひご覧ください!