BLOG_NEWS

変形性膝関節症(膝の痛み)とトレーニング有効性

2022年11月29日

皆さんおはようございます!

ななみ整骨院藤沢院です。

本日は、膝の痛みとトレーニングの有効性をお伝えします。

 

変形性膝関節とは?

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)は、

膝関節の軟骨の摩耗(すり減り)変性などにより、関節内で炎症を起こし、痛みや腫れを生じる疾患です。

 

 

変形性膝関節症ってどんな病気?

症状

変形性膝関節症の主な症状には、

・膝の痛み

・関節水腫(膝に水が溜まった状態)

・膝関節の変形

・膝の可動域制限(膝を曲げ伸ばしできる角度の制限)などがあります。

 

 

エコー画像

 

中期以降の関節に変形がみられるエコー画像を紹介します。

1枚目

内側関節裂隙狭小化、骨棘、MCL滑液包腫脹、炎症反応

※健側にも骨棘等の変形はみられるが 炎症反応は確認できない。

2枚目

膝蓋上嚢(関節内)に溜まる関節水腫

 

<1枚目>

 

<2枚目>

 

 

 

 

 

予防方法

・膝に負担がかからない生活様式を心がけること

適正体重を保つこと

膝の筋力や柔軟性を上げる運動をすること

 

 

 

運動療法が効果的!

変形性膝関節症における運動療法は、運動によって症状改善を図る方法です。

膝に痛みが出るようになると、行動を極端に減らしたり外出を控えたりするなど、脚を動かす量が減ってしまいます。

すると、膝を支える筋力が低下膝関節への負担が増え、症状が悪化するという悪循環に陥りがちです。

また、運動不足による肥満も、症状悪化の要因のひとつです。

適度な運動は、膝を支える筋肉を鍛えたり、膝関節の動きを改善することができる上に、肥満も防ぐことができ、変形性膝関節症の症状改善に効果的です。

※強い痛みや強い炎症反応がみられる場合は、まずは痛みを減らしていく治療から行っていきます。

 



773パーソナルジムのご紹介!!

年齢は関係ない!人は何歳からでも成長できる!

をコンセプトに3年後、5年後、10年後も今と変わらない、今以上に良い身体で生活が出来る様にするための身体づくりをサポート致します。

このパーソナルジムのポイントとして

①自分のレベルに合わせて過度せずに無理のないメニューを作成

②時間は60分。1対1でやるからこそ効果が出る

③6か月間の継続トレーニングだからこそ出せる効果

④トレーニングだけではなく施術も組み合わせられる

例:トレーニング45分/施術15分(トレーニングメインの場合) トレーニング30分/施術30分(トレーニング初心者)



パーソナルジムは全員「国家資格取得者」が指導を致します。

安心、安全で効果を出すために必要なメニューを組み、サポートしています!

まずは「無料体験」から体験してみてください!

お得なキャンペーンも随時行っていますので、お気軽にお問い合わせください!



TEL

0466-25-2322

mail

happy77308@gmail.com